マイカーを廃車にしたので通勤が相当不便です

かれこれ4年間、片道60キロメートルの距離をマイカー通勤していたのですが、ついにこの春、その愛車を廃車にして電車通勤になりました。

もともと自動車の運転自体が好きだったので、会社がマイカー通勤も認めてくれることをこれ幸いに、何の苦も無く続けてきたのですが、最終的にはマイカーのほうの走行距離が20万キロメートルに迫っていたことが最大のポイントでした。会社はガソリン代を支給してくれますが、それでも維持管理費を考えるとどうしても持ち出しになってしまうのです。しかし仮に持ち出しになってもわたしがマイカー通勤を続けてきた理由は、やはりひとえに満員電車というものにどうしても耐えることができないと考えたからでした。

もともと田舎育ちのわたしにとって、都会の喧騒そのものが苦手であったことと、呼吸もままならない空間や、耳障りな騒音、耐えがたい臭いなど、電車通勤にはストレッサーがあまりにも多すぎたのでした。
ひとり暮らしのころはそれでもよかったのですが、やはり結婚して家庭を持てば、なかなかそうも言っていられません。

詳しくはこちらの記事へ
   → 廃車に関する相談は専門業車にするのが一番です

経済的な理由によって、わたしのマイカー通勤は終焉を迎えたのでした。

しかしいざ電車通勤をはじめてみると、片道1時間半をかけて2回乗り換えるという不便さには、ほとほと閉合するばかりです。電車に乗っている時間はおそらく20分×3路線で、あとは乗り換えの時間ですが、座ることは全くできませんし、遅延が生じることもしょっちゅうです。マイカー通勤のときであれば確保できた一人だけの時間や、ちょっとした食事も不可能になりましたし、自動車の運転よりもラッシュアワーによる疲れのほうが精神的にキツイ気がします。

これほど不便であるならば、廃車などにせずマイカー通勤を続けていればよかったと思う今日この頃ですが、こればかりは嘆いてみてもあとの祭りというわけですから、なんとか電車通勤の楽しみを見つけようと頑張っています。

Comments are disabled