近所の喫茶店にPCを持ち込み廃車サイトを優雅に閲覧

自分の自動車を乗りつぶして、最後には知り合いの自動車工場に持って行って廃車にしてもらうのがついこの間までの廃車の方法でした。もちろん手続きをすべて自分でやる人が大半だったと思います。

ところが最近は自動車を廃車にするにも持ち込む業者を複数から選ぶというのが多くなってきているようです。面倒な手続きはその業者さんに任せてしまえるし、複数から見積もりを取ればどこが一番高く買い取ってくれるかも一目瞭然だからでしょう。誰だって最初に自動車を廃車にするときは、いったいどうすれば良いかわかりませんし、相場だってわからないものです。廃車にはお金がかかることはあっても、逆にいくらかで買い取ってもらえるなんてことないっていうのがこれまでの常識でしたが、いまではわざわざ手間と費用をかけて自動車を廃車にするよりも、買取業者なんかに任せていくらか売却によるお金をもらうのが、賢いユーザーのやり方になってきたのです。

このような流れにはひとつの大きな要因があります。
(参考:ベンツを廃車にした時はさすがに泣きました

まずは自動車の寿命がひところに比べて格段に伸びたことです。かつて10年10万キロメートルと言われていたように、自動車の年式は10年、走行距離は10万キロメートルで寿命と考えられていましたが、最近はその程度はまだまだ問題なく自動車が走る段階となってきているのです。

耐久部品の性能が向上し、故障が減ったことは間違いないのですが、これにより自動車修理工場の重要性は明らかに低下したと言えるでしょう。自動車を新車で購入し、購入したディーラーで定期点検を行い、大きな故障を起こすこともなく10年以上同じクルマに乗っているという人も、決して珍しくないという時代なのです。近所の自動車修理工場のお世話になる機会は激減したことでしょう。
善悪はともかく、今日も喫茶店のパソコンを持ち込んで廃車サイトを優雅に閲覧し、一円でも高く買ってくれる業者を探している人がいるのでしょう。

Comments are disabled