廃車手続きは誰かに代行してもらえるので安心

自動車ユーザーならば、その自動車を廃車にすることについて考えておくべきです。確かにある程度の段階まで乗った自動車を何度目かの車検を契機として、別の新車に買い替えるという人だっているでしょう。そんな人にとってみれば、自動車は下取りに出すことはあっても買取価格がつかなくなるまで乗るものではなく、よって廃車にすることもないという考えだってあるはずです。しかし自動車を廃車にする理由はなにも経年劣化だけではありません。事故や水没など、さまざまな理由でその自動車が廃車になることはあり得るのです。そうなったときに廃車の方法すら知らないということでは、やはりユーザーとしていかがなものかということになるでしょう。

自動車の廃車には一時抹消登録と永久抹消登録があります。たとえば事故を起こして自走することさえ不可能となり、修理費用が購入費用を上回るような場合は、その自動車は解体されるわけですから永久抹消登録しなければなりません。
(参考:市区町村によって廃車手続きの方法は違うのか

逆に自動車自体は全く問題なくとも、なんらかの理由で一定期間にその自動車を使わなくなる状況が明白である場合、書面上、その自動車の登録を一時的に停止する措置を取ることによって、税金や保険料などの諸経費負担を圧縮することができます。これがいわゆる一時抹消登録です。
どちらの手続きであっても、陸運局なり軽自動車検査協会に出向かなければなりません。ところがこれが意外と面倒なのです。たとえば土日祝は役所がお休みのために手続きができませんから、どうしても平日の昼間に休みをとって行くことになりますが、平日なかなか仕事を休めないという人だって多いことでしょう。
しかし廃車手続きを行わないでいると、維持費だけが無駄に浪費されてしまいます。これを避けるためにも手続きは迅速に行うべきでしょう。

廃車の手続きは、本人でなくとも行うことができます。買取専門の業者にお願いすれば、代行して行ってくれるでしょう。

Comments are disabled