中古車販売を営みながら廃車処理もする会社がある

自動車の価値というのは一概に言えません。自分の所有する自動車を下取りに出そうとしたとき、車種や年式が市場に溢れていれば単純に考えて価格は安くなってしまうことでしょう。しかし希少な車種であったとしても、それが不人気であったり、カラーが奇抜であったりすれば、これはやはり買い取りは安くなってしまうのかもしれません。

わたしたたちは自動車を下取りに出すとき、多くの場合、次に乗る自動車を購入するところで売ろうとします。新車であればディーラーということになりますし、中古車であればその販売代理店ということでしょうか。あるいは買い取り専門の業者で売り、その資金をもって次の自動車を購入するという人もいるでしょう。
下取り価格のつかないような状態の自動車の場合、たとえば正規ディーラーでは引き取ってもらえないケースもあります。あるいは有償で廃車手続きの代行を行うという場合だってあるでしょう。これは中古車販売の業者でも言えることです。

詳しくはこちらの記事へ
   → 廃車手続きは誰かに代行してもらえるので安心

対して買い取り専門の業者が廃車代行で有償とするケースはまずありません。どのような状態の自動車であってもいくらかの買い取り額を提示するというところがほとんどでしょう。このような傾向は、特に近年強まりつつあります。つまり解体や部品取りなどを行うことが出来る業態が、独自のルートで廃車を処理して利益を上げているということなのでしょう。

こうした状況から、中古車販売の業者もまた、仮に中古車として販売することが不可能な状態の自動車であっても買い取る傾向が強まってきました。こちらは逆に流通のルートは持っており、廃車や部品取りの設備を充実させてきた結果と言えるでしょう。
そして近年、ついに大手自動車メーカーのディーラーまでもが、それまでかたくなに否定していた中古車販売網への進出をはじめました。もはや廃車と中古車販売を同時に行うことは当然となってきており、そこにディーラーが参入し始めたのです。

Comments are disabled